gotop

menu

インプラント・入れ歯・ブリッジ

  1. TOP
  2. インプラント・入れ歯・ブリッジ

失った歯を補う3つの治療法

お口にトラブルを感じていないときに「歯を失う」ことを考えることはなかなかないでしょう。
しかし歯周病やむし歯、ケガなど、さまざまな理由で歯を失うことがあります。もしそのまま治療せずにいるとまわりの歯が動いたり倒れ込んだり、延びたりしてきて、いざ歯を作ろうとしても、歯が作れなくなることがあり、お口全体のバランスがくずれ健康を損なってしまいますので、早めのご相談をおすすめします。

治療はできるだけ早く受けることが大切です。失った歯の機能を補うための治療法はおもに3つ。
取り外し可能な「入れ歯治療」、となりの歯を支台にする「ブリッジ治療」、そして人工歯根を埋め込む「インプラント治療」があります。それぞれにメリットとデメリット(留意点)がありますので、患者様に合った治療法を選択することが大切です。

安心診療をご提供する長崎県諫早市の歯医者「宮下歯科クリニック」では丁寧なカウンセリングを行い、
さまざまな選択肢の中から患者様に合った治療法をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療はチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込んで支台にして、その上にセラミック製の被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能を補う治療法です。外科手術をともなうので、安全性を高めるためには精密検査にもとづく精密診断と治療計画が欠かせません。当クリニックでも精密診療のために歯科用CTを活用しています。

リラックスしながら手術ができる、静脈内鎮静法

外科手術に対して不安や恐怖感がある方にも安心していただけるように、リラックスしていただけます。点滴のように注入すると、まどろんでいるような気分になるので「手術」に対する不安を感じずに済む麻酔です。当クリニックでは患者様に安心で安全なインプラント治療をご提供するために、つねに知識を深め、あたらしい技術を習得して治療に反映しています。

3Dガイド(ストローマン)について

安心・安全のストローマンガイドステムとは?

コンピュータ上で設計した位置に正確にインプラントを埋入(植立)できるようインプラント治療をサポート・ナビゲーションしてくれるシステムです。

安心・安全のストローマンガイドステムとは?

ガイドシステムの特長
  • 安全・安心なインプラント治療をサポートするシステム
  • 手術時間も従来よりも短縮
  • 従来の手術よりも痛みが少なく
  • 治療計画を事前に画像で確認することができる

ガイドシステムの特長

インプラント治療において注意すべき危険

インプラント治療において、注意すべき危険がいくつかあります。
①下顎のインプラント治療におけるリスク:下顎管、血管の損傷の危険性
②上顎のインプラント治療におけるリスク:上顎洞の穿孔の危険性

  • インプラント治療において注意すべき危険
  • インプラント治療において注意すべき危険
  • インプラント治療において注意すべき危険
従来のインプラントオペとガイドシステムを使ったオペとの違いとは?
従来のインプラント治療においては術者の知識・経験と技術・感覚に頼らざるを得なかった。

次へ

ガイドシステムをインプラント治療に用いることで危険を最小限軽減できるよう、手術中、術者のサポートをしてくれます。

従来のインプラントオペとガイドシステムを使ったオペとの違いとは?

あなたがインプラント治療に求めていることは何でしょうか?
  • 安心安全なインプラント治療
  • 長持ちし、よりしっかりと噛むことができる人工歯
  • より美しく、そして自然できれいな人工歯

次へ

これらのことを考慮し、土台となるインプラントの位置の治療計画をたて正確に手術を行う必要があります 。

次へ

設計された通りに正確に手術を行えるサポートシステムが必要 ⇒ ガイドシステム!

あなたがインプラント治療に求めていることは何でしょうか?

ストローマンという会社について

ストローマン社は、世界有数のインプラントメーカーです。2014年に創業60周年を迎えた、信頼できるメーカーです。今回、ご案内したガイドシステムはそんな安心と信頼のある会社が提供しているシステムです。

ストローマンという会社について

ガイドシステムを用いた治療の流れ
  • CT撮影
    ① CT撮影
  • 専用のPC上でインプラント治療計画立案
    ② 専用のPC上でインプラント治療計画立案
  • コンピューター上で立案した治療計画データを基に精度の高いサージカルガイドを作製
    ③ コンピューター上で立案した治療計画データを基に精度の高いサージカルガイドを作製
  • サージカルガイドを用いた手術
    ④ サージカルガイドを用いた手術
ブリッジ治療の種類

硬質レジン前装冠(歯科用プラスチック)

硬質レジン前装冠(歯科用プラスチック)

保険診療のブリッジ治療で、金属のフレームに硬質レジンを盛りつけて金属が目立たないようにします。前歯に使用します。セラミックのような透明感はなく、時間の経過とともに変色しますが、保険診療なので比較的安価です。

メタルボンド

メタルボンド

金属フレームにセラミックを焼きつけてつくる自費診療のブリッジです。強度が高いので奥歯にも使用できます。経年とともに歯ぐき付近の金属が見えてしまうことがありますが、天然歯に近い透明感や色調の再現が可能です。

ジルコニア・オールセラミック

ジルコニア・オールセラミック

強度が高いジルコニアをフレームにしてセラミックで形を整えてつくる自費診療のブリッジです。咬む力が強い奥歯にも使用可能なうえ、天然歯のような美しさがあります。金属不使用で生体親和性が高いので歯肉の変色も金属アレルギーの心配もありません。耐久性が高く汚れがつきにくいのでむし歯や歯周病の再発のリスクを低減できます。

入れ歯治療の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

残っている歯にかけるバネがない自費診療の部分入れ歯です。弾力がある特殊な樹脂を使用するので、歯ぐきにフィットします。バネがないので見た目が自然なうえにまわりの歯に負担をかけません。

GDSデンチャー

GDSデンチャー

的確な理論に基づき、口の中を総合的に管理・治療することを目的とした歯科治療システムです。
GDSデンチャーは、この歯科治療システムを利用してつくる、フィット感・安定感・咀嚼力に優れた天然歯のような入れ歯です。

インプラントオーバーデンチャー(ロケーター)

インプラントオーバーデンチャー(ロケーター)

オーバーデンチャーは、基本上顎4本、下顎2本のインプラントに、インプラント用の入れ歯(取り外し式)を固定する方法で、インプラントを使用する事によって、入れ歯がガタつかずにしっかり噛めるようになります。また、全てをインプラントで作る場合より経済的な治療法です。顎骨の吸収程度にもよりますが、下顎は最低2本以上のインプラントを使用します。

金属床義歯(チタン)

金属床義歯(チタン)

歯ぐきに当たる床の大部分を金属でつくる自費診療の入れ歯です。丈夫なうえ薄く軽い素材なので装着感がほかの入れ歯にくらべて悪くありません。また食べ物の温度が伝わりやすいので味覚を助けます。使用する金属によって装着感や費用が異なります。

諫早の歯医者宮下歯科クリニックご予約はこちらから

Informationお知らせ

諫早市の歯医者 宮下歯科クリニック

0957-56-8241

平日 9:00~12:30 14:00~18:30
土曜 9:00~13:00 土曜午後・日祝休診

診察表

  • ADDRESS 〒854-0022
    長崎県諫早市幸町39-31
  • 歯科タウン

Copyright © Miyashita dental clinic All Rights Reserved.